Tattoo art works Al-Haut Ryoki

Ryoki

Japanese Tattoo Artist

Tattooist 椋妃(Ryoki)
大学在籍中にタトゥーと出会い、独学で技術を修得。
1999年 11月 WEBサイトAl-Haut(アル・ハウト)を開設
本格的にタトゥーの仕事をはじめる

1999年 11月 WEBサイトAl-Haut(アル・ハウト)を開設
本格的にタトゥーの仕事をはじめる
2001年 7月 大阪・アメリカ村にタトゥースタジオAl-Hautをオープン
2002年 10月 Al-Hautスタジオオープン1周年記念パーティ開催
2003年 6月 タトゥーの見聞を広げるためにドイツ旅行に
2005年 6月 再びドイツへ
2007年 2月 Al-Hautスタジオオープン5周年記念パーティ開催
2008年 6月 ドイツとスイスのタトゥースタジオでゲストワーク滞在
2009年 3月 ドイツ・フランクフルト、17th International Tattoo Conventionに参加
3~6月 ドイツとスイスでタトゥーの勉強のため短期滞在
2010年 2~4月 ドイツとスイスでタトゥーの勉強のため短期滞在
3月 ドイツ・フランクフルト 18th International Tattoo Conventionに参加
4月 ドイツ・ハンブルグ 12th International Tattoo Conventionに参加
2011年 2月 ドイツのタトゥースタジオにゲストワーク滞在
9月 9月17日 大阪での活動を終了
10月 活動の場をドイツへ移す

 

●椋妃のデザインのコンセプト
私、椋妃のデザインのコンセプトは、“綺麗、美しいといわれるタトゥーを彫る”というものです。くわえて、私からタトゥーを受けた人々に何らかの癒しや元気を与えるようなデザインを彫っていきたいと考えています。タトゥーは威嚇的なものであるという見方が往々にしてあります。しかしながら、私から施術を受けられたお客様にとっては、それは当てはまりません。
健全な者が健全に、消えない絵を身体に描くことを心から楽しんでいる、そういう価値観があるということを私のタトゥーを通じて知らせることができれば幸いと考えながら日々仕事をしています。

●椋妃の名前の由来
椋妃(Ryoki)は、アラビアの姓名判断より音声をみちびき、名前の漢字は、椋(むく)の木の「椋」と、「妃」を当て、命名しました。さかのぼること平安時代、乾燥させた椋の木の葉は、べっ甲や象牙などの細工物の最後の仕上げ磨きに使われていました。ものを綺麗に磨きあげる用途に使われた椋の葉。椋妃という名前は、身体に絵を施し、相手(お客様)を磨き上げるという仕事をする私には、本当にふさわしい名前です。

Tattoo Artwork by Ryoki / Copyright © 2018 Ryoki All Rights Reserved.